Subscribe to 看護師が助産院で働くには? Subscribe to 看護師が助産院で働くには?'s comments

助産院での助産師の仕事はどんなものがあるの?

Posted by snsjkd68. コメントは受け付けていません。.

8sigoto助産院という言葉を聞くと、
多くの人が妊婦さんが通い、
お産をするところ。

というものがイメージされますよね。

 

でも、実は助産院というのは、
お産をするだけのところではないんです。

性に関する事、命に関する事というものを
「考えるきっかけ」を作る場所になっています。

 

助産院によっては、
助産だけではなく、
教育の場になっているところもあるんです。

例えば、思春期に入った少女や少年たちが、
親になかなかできない性の悩みについて相談をする、
話をしに来ることが出来るようになっている。
というような助産院もあります。

 

最初はお母さんの出産がきっかけ。

ということは多くなりますが、その出産をきっかけに、そこで生まれた子どもたちが、生涯にわたってさまざまな悩みを相談に行くことが出来る施設として、助産院の運営を行っていることもあるんですよ。

 

助産院は本当にさまざまな個性があるんです。
ただ、やはりメインとなる業務は妊婦さんのケア、
出産の介助、そして産後のケアです。

初めての妊娠、そして出産を迎える女性にとっては、
それ自体が大きな不安でもありますよね。

 

それでも助産院を選んできてくれた、
ということを考え、安心してお産を迎えることが出来るように支え、
相談に乗るのが助産師の仕事になってきます。

どうしたらよいのか、安心できるのか。
助産師は妊婦さんそれぞれに合わせて
じっくりと向き合うことが大切ですよね。

 

忙しい仕事にはなりますが、
助産師自体がせかせかしていては妊婦さんは不安に感じてしまいますので、
ゆったりとした気持ちで向き合うことが大切です。

産婦人科と助産院で助産師の仕事は違うの?

Posted by snsjkd68. コメントは受け付けていません。.

助産師というと、
毎日のように分娩介助に当たり、
出産に立ち会う仕事。

と思っている人もいるかもしれません。7tigai

 

産婦人科や産科の病院では確かに毎日のように出産があり、
分娩介助にあたる助産師もいます。

でも、助産院の場合には、分娩介助にあたる、
出産に立ち会う仕事というのは、
数としては決して多くはありません。

 

それ以外の仕事が実は多くなっているんですよ。

例えば、出産前の妊婦さんやその家族に対するケア。
出産後の産婦さんのメンタルケア。
これからの育児の相談や、予防接種などのプランニングなども助産院では行います。

 

育児に関する情報を提供したり、
時には子育てに悩んでしまうお母さんたちの相談窓口にもなります。
助産以外の仕事というのは、とても多いんですよ。

 

産婦人科や産科に勤務する助産師の仕事というのは、
基本的には妊婦さんに対するケア、
そして出産・産後のケア、入院中の新生児のケアというものが中心になってきます。

一人に妊婦さんに関わりあう時間というのは少なくなっていますし、
場合によっては専門的に一人の助産師が一つの仕事に専念する。
ということも多いんです。

 

でも、助産院場合には、一人の妊婦さんに関わる時間というのは長く、
産後についても産婦さん以外、
新生児やその家族のケアなどにもあたることがあります。

子どもたちにたいして、
生命に関する教育を行ったり、
性教育なども行っていきます。

 

助産院の中には、
助産師を幼稚園や小学校、中学校、高校などに派遣して、
命の教育や性教育についての授業を行っている、というところもあるんですよ。

助産院に就職したい!求人はどうやって探すの?

Posted by snsjkd68. コメントは受け付けていません。.

6kyuujin助産院で働いてみたいと思っても、
求人が少ない状況ですよね。

 

助産院自体も少なく、
運営規模も小さいので、
実際に働くスタッフの数も少ない助産院。

そのため、求人自体がどうしても少なくなります。

 

そうなると、当然ですが、
求人を行う時の選考基準というのは、
比較的高くなってきます。

ただ、法人として経営されている助産院の場合、
ずっと運営を続けるためには、
新しい助産師の教育ということも行ていく必要があります。

 

若い助産師を育てていくために、
経験が浅い助産師を採用して行きたい。
と考えている助産院もあります。

もし、助産師としての経験が浅いという人は、
このような助産師を育てようとしている助産院を選ぶ。
ということが、最も助産院への就職を成功させるポイントになりますよね。

 

それでも、助産院の求人を自力で探そうと思うと、
なかなか見つからないことが多くなってしまいます。

地域によっては全く情報がない、
というケースもありますよね。

 

このような場合、
看護師専門の転職サイトを利用してみることをお勧めします。

転職サイトの担当者の方に、
自分が理想としている助産とはどんなものなのか
ということも合わせて相談をしてみると、
その理想に合った個性を持っている助産院の求人を紹介してもらうことが出来るんです。

 

助産院は個性的なところも多いので、
この自分の理想を相談することは大切ですよ。

助産院の求人ってどうして少ないの?

Posted by snsjkd68. コメントは受け付けていません。.

5sukunai一般的に助産院と呼ばれている助産施設は、
じつは正式には「助産所」というもおになります。

この助産所、平成21年の地域保健医療基礎統計という統計によると、
平成20年12月31日の時点で
登録されている助産所は788件となっています。

 

そして、同じ時に登録されている
助産師の数は27789名です。

だいたい一つの助産所で働いている
助産師の数というのは3.5名ということになりますよね。

 

助産師が働く施設にはこの助産所以外にも
産婦人科・産科の病院、行政機関など
さまざまな職場があります。

助産所で働く助産師は思っているよりも少ない
と思うのではないでしょうか?

 

実際、助産所は平成18年には683件にまで一度減少しています。
ただ、お産に対する考えは多様化しており、
最近では徐々に個性的な助産所が増えてきている傾向にありますよ。

 

助産所はお産を取り扱う施設の中でも比較的小さな施設になります。
10名以上の妊婦や産婦、褥婦を入所させることはできません。

つまり、多くのスタッフは不要で、
少人数で運営している。
という助産所が多くなっているんです。

 

比較的大きな助産所の場合でも、
10名程度スタッフがいて、
その中で8名が助産師の資格を持っているというようなケースです。

もっとも少ないケースでは、
1人の助産師のみで運営されている助産所というのもあるんですよ。

 

このように助産所に勤務する助産師の数も少ないですし、
助産所も少ないので、
どうしても助産所での助産師の求人は少なくなってしまうんです。

助産院によって違うこととは?

Posted by snsjkd68. コメントは受け付けていません。.

4josanお産というのは
人それぞれ思いがあると思います。

 

それは妊婦さん側もそうですし、
お産を介助する助産師にとっても、
こんなお産をさせてあげたい。

という想いがありますよね。

 

助産院はそのような助産師の理想を実現させよう。
という思いで運営されていることが多くなります。

 

例えば、アロマやヨガなどを実施し、
妊婦さんがリラックスすることができる助産院があったり、
妊娠中から産後、そして幼児期にかけての食事に力を入れている助産院もあります。

 

それぞれの助産院では、助産師資格だけではなく、
これらの取り組みが実践できる資格をもっている助産師を求めていて、
その資格があることで手当てを支給している。

という助産院もあるんですよ。

 

また、助産院に勤務している助産師に、
アロマテラピーの勉強会を開いたり、調理実習を行っている。
という取り組みをしている助産院もあります。

じっさいに助産に立ち会う機会よりも、
実はこのような取り組みに時間がかけられていることも多いんです。

 

助産院では取り扱う分娩の数というのは
決して多いものではないため、
実は産婦人科に勤務するよりは仕事の計画が立てやすいということが多くあります。

担当する妊婦さんの出産がまだ先。
となれば、定時退社なども可能です。

 

医療の現場である産婦人科に比べると、
アットホームでゆったりとしているケースも多いんですよ。

ただ、助産院規模、労働条件、給料などは、
助産院によって大きく変わります。

 

自分が思っていたものとなんとなく違った。
ということにならないように、
あらかじめ確認しておくことは重要ですよね。

助産院の給料ってどうなっているの?

Posted by snsjkd68. コメントは受け付けていません。.

3kyuuyo助産院は病院などに比べると、
比較的小さな施設が多くあります。

この助産院で働くと考える時、
労働条件や、給料というものがどうなるのか。
というのは気になるところです。

 

常勤勤務の場合には、大体基本給は28万円程度、
賞与は年に2回。ということが多くなります。

パート採用などの場合には、
時給1700円程度というのが多いようですよ。

 

この他に、分娩や残業、夜勤などの場合には、
それぞれ手当が支給されます。
もちろん、交通費も支給されますよ。

一般的な勤務時間は9時~17時ということが多くなりますが、
分娩が近い妊婦さんがいる場合や、
実際に分娩があった場合などには、
しばらくの間夜勤や当直などがあります。

 

常勤の場合には社会保険にも加入できますよ。

 

助産院という施設は、
お産を取り扱う施設になります。

当然ですがお産はいつ始まるか分かりませんので、
お産が近い妊婦さんがいる場合には、
お産に備えてスタッフが当直をすることもあります。

 

また、お産が始まれば夜勤も残業もあります。

助産院という施設は少人数で運営している。
というケースも多く、中には担当制をとっていて、
一人の妊婦さんを一人の助産師が診察から
産後のケアまでトータルして担当することもあります。

 

担当する妊婦さんのお産が始まれば、
まさに寝る暇もなく分娩介助に当たり、
新生児ケアにあたることになります。

ただ、助産院の場合には、
産婦人科医院のように次々に妊婦さんが訪れ、
出産も頻度に行われるわけではありません。

 

予定は立てやすく、
休むことが出来る時にはゆっくりとできますよ。

助産院に転職するために必要なことは?

Posted by snsjkd68. コメントは受け付けていません。.

2tensyoku助産院は助産師が単独で開業することが出来る、
助産のための施設になっています。

そのため、それぞれの助産師の考えによって、
かなり個性的になっていることが多くなります。

 

自分自身がどのような助産師を目指したいのか。
ということを良く考えて、
同じような考えで運営されている助産院を選んで応募する。

ということはとても大切です。

 

助産師として働きたい。
というだけで助産院を選んでしまうと、
助産院側と意見が合わず、結局別の助産院を探して転職をすることになる。
といった大きな手間が出てきてしまいます。

つまり、自分の意見や考えと合っている助産院を選んで
求人に応募する。
というのが、大切なんですよね。

 

看護師に関連する資格の中で、
助産師は唯一開業権がある資格になります。

助産師の多くは、理想としているお産はどのようなものなのか、
ということを考えながら仕事をしている方が多くいます。

 

助産師として最初のうちは経験が必要です。
病院や助産院などで働きながら、経験を積み、
そして自分のお産に対する考え方などを追及して行き、
最終的に個人で助産院を開業した。

という人が多くいます。
向上心がある人が多いんですよね。

 

このような方の場合、
同じように向上心がある人と
仕事をしていきたいと考える事も多くなります。

ただ、なんとなく助産師になった。
というような方では、
なかなか仕事仲間と認識できない方も多いんです。

 

助産院で働く場合には、
この点をしっかりと考えて、自分の方向性をチェックし、
向上心を持って仕事が出来る。

とアピールして行きましょう。

助産院の個性に合わせた資格を取得してみよう

Posted by snsjkd68. コメントは受け付けていません。.

1kosei助産院ってどこも何となく
「個性」があると思いませんか?

助産院は助産師が単独で開業することが出来るため、
実はそれぞれの助産師の想いがつまっている所が多いんです。

 

より自然なお産にこだわっている。
家庭的な雰囲気で、家族全員でお産に臨んでもらいたい。
妊婦さんがリラックスしてもらいたいのでリラクゼーションに力を入れている。

といったお産を中心に考えている助産院。

 

出産は始まり、これからの育児に備えた産後の食育に力を入れている。
次世代を生きる子どもたちの性教育を積極的に行っている。

というような助産院もあります。
それぞれが助産師の想いの中で運営されているんですよ。

 

助産院に就職するときには、
この助産院の個性に合わせて選ぶ。
ということが大切になってきます。

それぞれの助産院の個性に併せた資格があると、
採用もされやすいですよね。

 

例えば、リラクゼーションい力を入れている助産院なら、
アロマテラピーやリフレクソロジーなどの
資格があるといいですよね。

妊婦さんの健康に力を入れているのであれば、
ヨガ講師の資格などもいいですよね。

 

助産院に就職したいと思う時には、
その助産院に合った資格を選んで勉強をし、
資格取得を目指してみてはいかがでしょうか?

助産院のナース求人の種類

Posted by snsjkd68. コメントは受け付けていません。.

常勤か非常勤か

mcjeufras
 

助産院のナースの求人には
常勤勤務か、非常勤勤務かという
種類があります。

常勤勤務はいわゆる正職員ですよね。
日勤も夜勤もあり、病棟勤務と同じように
シフト勤務で働くことが多くなります。

 

助産院では常勤勤務の助産師は
経営に携わっていることも多い
んですよ。

自分たちで助産院を切り盛りしていくのが
常勤勤務の助産師の仕事になるんです。

 

一方で非常勤勤務の助産師は、
日勤のみ勤務や夜勤のみ勤務など
ある程度定まったシフトで勤務をします。

待遇は正職員ではなくパート勤務
となることが多いので、経営には参加しない
ことが
多くなります。

 

もちろん、全ての常勤勤務の助産師が
経営に参加することになるわけではありませんが、
ケースとしては多いんですよ。

 

相談員としての採用もある?

 

助産師の仕事というのは基本的には
助産行為がメインですよね。

でも、実はさまざまな相談に乗る仕事
というのもあります。

 

助産師は保護者の育児相談や指導、
思春期や更年期の性に関する相談や指導、
不妊治療を行っている夫婦の相談も仕事
になります。

つまり、さまざまなケースの相談員として
採用されるというケースもあるんです。

 

女性の生涯を通じた健康問題に関わることが
助産師の仕事です。

助産行為だけではなく、
さまざまな相談に乗る仕事も重要
ですよね。

 

教育に力を入れている助産院もある?

kjhusaa
 

いのちの教育

実は助産院では助産行為だけではなく、
この子供たちに対する教育に力を入れている。
という助産院も増えてきています。

 

生命が誕生する場である助産院ですが、
今、10代やそれ以下の小さな子供たちに
いのちの教育をする場としても注目されています。

そのため、いのちの教育に力を入れている助産院では
このいのちの教育に積極的に携わってくれる
助産師を募集している。

 

というケースもあります。

子どもたちに対していのちの教育をすることが出来る
というのはやはり貴重な人材ですよね。

 

いのちの素晴らしさを実感してもらい、
そして命を育むための行為、それに
パートナーとの関係の大切さ。

このようなことを伝えることが出来る助産師として
働いてみるというのもおすすめです。

 

看護師だけど助産院で働ける?

 

助産院で働いてみたいけど、
私助産師の資格はない看護師だけど
働けるのかしら?

このように思っている看護師もいますよね。

 

助産院では助産師の求人の方が
確かに多いですが看護師の求人だって
あるケースはありますよ。

助産行為を行うことはできませんが、
やはり看護師が行うべき仕事もたくさんあります。

 

実際の例では、
滋賀県湖南市の助産院では
看護師の求人もあります。

2交代制勤務、日勤のみ、夜勤のみなど
働き方も選ぶことが出来ます。

 

規模の大きな助産院では、
このような看護師求人もありますので
助産師資格がなくても働くことは可能ですよ。